2013年06月09日

努力の賜物

それは47歳で球速アップとなお進化している

中日の山本昌選手です。

落合監督が引退してからどうも最近の中日は

パッとしませんがそれはさておいて。


10代から20代の選手で球速アップならわかりますが、

47歳で球速アップというのは素晴らしいことです。

しかも投手の生命線といわれるフォームの改造まで

手をつけたそうです。

投手がフォームを変えるのは相当の覚悟と勇気が

必要だと思います。

私が投手だったら絶対変えません。

失敗したら怖いですから。

誰も私のことなんか聞いてませんかそうですか。


また、トレーニングにより肩の可動域は

今年120度に広がったそうです。

一般の人は90度といいますから、

47歳の今でも向上心が衰えていないという

ことなんでしょう。


「僕は名誉のために野球をやっているわけでは
ありませんから。むしろ毎年、まだうまくなれるという
感触が芽生え、その気持ちに忠実に従っていたらこの年に
なってしまったのです」

素直な心と、衰えない探究心。

やっぱりこういう考えをしていないと

プロではやっていけないんですね。

私も整体院を営んでいるものとしてこの考え方は

常に持っておかねばなりません。






「名誉のために整体をやっているわけではない(`・ω・´)キリッ」と
言おうと思っても使いドコロがわからない整体師がいる整体院です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
福岡市は南区、日佐(曰佐)にある整体院、
福岡てあて整体です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


posted by tequilla at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。