2013年03月28日

目にレーザー

W杯予選では日本は残念ながらヨルダンに負けてしまい、

W杯進出決定までお預けとなりました。

勝負は時の運ですし、

まだチャンスはあるので日本には頑張って貰いたいですが、

問題はヨルダンのサポーターの質だと思います。

ヨルダンのサポーターは日本チームの選手の目にレーザーを当てたそうで。

国際試合でこういうことをしたらいかんでしょう。

更に呆れたのはこのことについてのNHKのコメントです。

「こういうことはよくあることですから、日本はこういうことも踏まえて

戦っていかないといけませんね」

と、サラリとまとめたつもりがおもいっきり外したコメントをしておりました。

本当なら、

「国際試合ではこういうことはあってはいけないことです」とコメントすべきでは

なかったのでしょうか。


もし、このようなことがまた起きるようならば、ヨルダンはホームでの試合禁止。

第三国で無観客試合、テレビ関係者、取材陣のみ入場可。

そのくらいの処置をとるべきではないでしょうか。


オリンピックやW杯はある意味代理戦争みたいなものになってしまうものなんでしょうか。

実際、ロナウドや、メッシもこういうことをされているようで、

W杯というのはこういうもの、こんなことぐらい当たり前だと言われれば、

それまでなのかもしれませんが、

スポーツというのは正々堂々とすべきであると考えている私には、

どうも納得がいきません。


それならば、選手全員には特注で希望があれば度付きの

レーザー保護メガネを支給したほうがいいのではと思った私は

考え過ぎでしょうか。









今は格闘技と呼ばれているが、元を突き詰めれば実戦、殺し合いだったとしても、
サッカーは殺し合いじゃないからスポーツとして正々堂々やってもらいたいと思う
整体師がいる整体院です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
福岡市は南区、日佐(曰佐)にある整体院、
福岡てあて整体です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

posted by tequilla at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353074440

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。