2012年10月27日

ドラフト会議

最近、野球の話ばかりになっている気がいたしますが

このままいきます。


今年のドラフト会議では、

ホークスは複数球団が競合しているにもかかわらず、

東浜選手をドラフト一位で指名し、王会長が素晴らしいクジ運を

発揮して交渉権を獲得しました。


東浜選手は大学リーグでリーグ新記録の奪三振数420を

マークしたほどの投手なので、ホークスには頼もしい新戦力が

加わったということですから、期待できますが、

その昔、奪三振数410を記録しており、初先発初完封を

やってのけながら、精神面が弱くてイマイチぱっとしない

大場選手もおりますので、東浜選手にはしっかり精神面を

鍛えてローテーション入りしてもらいたいものです。


菅野選手は念願の巨人入りを果たしました。

行きたい球団にこだわりたい気持ちも分かりますが、

その救済措置としてFAがあるのではないでしょうか。

素直におめでとうとは言えません。


日ハムが大谷選手を一位指名しましたが、

当の大谷選手はメジャー挑戦を理由に断っております。

メジャーに挑戦するというのも立派な心意気ですが、

すぐにメジャーリーガーにはなれるわけではありません。

日本の2軍とは比べものにならないほど厳しい下積み生活が待っています。
(移動に食生活、言葉と三重苦な気もしますが)

マイナーリーグでの現状をしっかり理解できていれば良いのですが、

そこを本当の意味で理解していなければ体を壊してボロボロになって

帰ってくるだけだと思います。

しっかり考えて決めてもらいたいですね。


個人的にはこれだけ凄いピッチャーなら日ハム入りしても

ペナントレースは面白くなるでしょうし、

経験を積んでからメジャーに挑戦しても遅くないので、

日ハム入りしたほうがいいのではないかと思いますが。


年をとると安定志向になってしまうのを

実感する今日この頃です。






カナダにいたときカナダからアメリカのバッファローまでの長距離バスに
乗ったとき、「なんか日本とは違うわ・・・」ときつい思いをした整体師が
いる整体院です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
福岡市は南区、日佐(曰佐)にある整体院、
福岡てあて整体です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


posted by tequilla at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299241528

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。